天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会

2019/09/20 ブログ

天皇賜盃第88回日本学生陸上競技対校選手権大会でトレーナー帯同してしました。

松田です。

 

9/12〜15に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催されました。

 

名古屋大学のトレーナーとして行き、出場選手は7名。

種目は

男子10000m

女子10000m競歩

男子10000m競歩

男子やり投げ

男子400mハードル2人

男子3000m障害

 

岐阜メモリアルセンターは東海地区ということもあり何度か経験している競技場なので地の利があります!

しかし怪我をしていて出場できなかった選手も1人いたので6名での出場になりました。

 

結果としては400mハードルで日本選手権入賞者の2人が準優勝🥈と4位で素晴らしい結果となりました✨去年の全カレでは予選落ちと準決勝落ちだったのでリベンジ成功!

準優勝した小田くんの賞状を持って撮りました。

 

 

今回難しいと感じたことは10000mと3000m障害の選手は本調子ではなかったので、試合前にケアを行いかなり動けるような状態にはもっていけたのですが、長距離という事で走っているうちにだんだんと元の状態に戻ってしまい、痛めていたところなどが再発してしまいました。今まで大会中は短距離の選手をケアすることが多かったので、そのようなことはなかったので新しい課題がみつかりました。

 

そんな長距離さん達は9/23に行われる51回全日本大学駅伝 東海学連選抜選考レースに参加します。全国大会から1週間と体を休めてコンディションをピークに持っていくことは難しいですが、皆さん応援お願いします🤲